2010年01月28日

牛への投資って存在するんですよね。

どんなにいいこといっても結局はね。

日本でも大人気のテレビドラマ「24 TWENTY FOUR」の
キーファー・サザーランドが牛の投資話に騙されて、
多額の損をした事がわかりました。

あと、牛より電子タバコに投資すればいいのにね。

これを報じたピープル誌によると、キーファー氏の投資した額は
86万9000ドル(約7820万円)で、
フィナンシャル・アドバイザーからマイケル・ウェイン・カーを紹介され、
直接カーに合うことなく投資を決めたそうです。

あと、炭火焼肉たむらの牛は結構いい牛を使っています。

カーの投資話というのはメキシコから畜牛を購入し、
アメリカで売却することによって大きな利益を確保できる
というシステムだったそうです。

「24」のキーファー・サザーランド、牛への投資でだまされる
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100127-00000016-flix-movi

参考:ひんやりジェルマット

地区検察局ではこの件に関して調べを進めているようで、
カーが実際に畜牛を購入した記録はないらしいです。
つまり初めからだますつもりでお金を集めていたということですね。

カーはすでに逮捕されており今後は詐欺などを含む12の重罪に
問われていくことになるそうです。
被害に合ったキーファー氏が証言台に立つかどうかはわかりませんが、
お金に余裕のある人が引っかかってしまいがちな、
儲け話だったということはハッキリしています。

みんなそんなもんだよ。
posted by nao at 10:55| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。